京都の生鮮食品スーパー大国屋
 

ご挨拶

より時代に求められる企業に。
「お客様にかけがえのない企業として認めていただくこと」このために私ども大国屋は昭和60年12月に開業以来、独自性、便利性、密着性の3要素をテーマに、生鮮食品の充実と当時まだ珍しかった長時間営業(深夜営業)を開始しました。 それから、便利さと「良い品を、より安くお届けしたい」気持ちをモットーにがんばってまいりました。 そして、新しい時代を迎え、今だ厳しいこの経済環境の中で生きぬくには、移りゆく消費者ニーズを的確にとらえ、本物のサービスと本物の商品を提供してゆくことが時代を超えて存在する企業の必要な条件となってきました。 私どもは、お客様ひとりひとりを大切にし、より関係を深めていく「お客様第一主義」を貫き、地域に合わせたよりきめ細やかなサービスと、良質な商品を提供する事に全力を注ぎ、社員と心を一体化した経営で、21世紀に求められる、そして地域社会に貢献する企業を目指してまいります。

 

 
 

会社情報

商号・名称 株式会社 大国屋
代表者名 代表取締役社長 奥野 徹夫
設 立 創業:昭和60年12月 / 会社設立:昭和61年5月
資 本 金 1,400万円
主な取引先 三菱食品株式会社、株式会社日本アクセス、大阪府中央卸売市場、京都中央卸売市場、他
事業内容 総合スーパーマーケット経営
従業員数 500人(社員、パート、アルバイト)

沿革

平成5年10月 京都左京区に白川店オープン
平成8年12月 京都上京区に今出川店オープン
平成10年6月 京都南区に河原町店オープン
平成11年10月 京都右京区に嵯峨野店オープン
平成13年12月 京都北区に今宮店オープン
平成22年6月 京都東山区に今熊野店オープン